保険の見直し方法

今加入している生命保険に不足を感じる、あるいは余計な保険に入っているのではないかと感じているのであれば、ぜひ見直しをすすめてみましょう。
生命保険の転換
一口に生命保険の見直しといっても、方法は何種類かあります。
ライフプランの変化に合わせて毎月の生命保険料を変更したり、主契約は変えずに特約部分のみを見直すといったやり方もあります。
生命保険の転換とは、今まで契約していた保険を下取りに出して、新しい保険の転換原資として用いる方法です。
一見便利な制度に見えますが、問題点も数多く指摘されています。
生命保険の解約
生命保険の見直し方法の中でも最もリスクが高いのが解約です。
よほどの経済的事情がない限り、解約は最後の手段として取っておく方がよいでしょう。
保険会社に連絡しても、ほとんどの場合は転換を強く勧められ、解約手続きをスムーズに行ってくれるケースは稀です。
といっても、時間が経過すればするだけ保険料が取られてしまうのですから、一度解約をすると決意したら強い意識で臨みましょう。
生命保険の乗り換え
生命保険の乗り換えとは、それまでの生命保険を解約して、同じ保険会社の別の保険を新規で契約するというものです。
転換制度を用いずに、新規で契約するのが転換との大きな違いです。
解約した保険に解約払戻金があれば、元手にすることも可能です。
マイナスの評価対象になるためか、営業職員からはあまり勧められない方法です。