保険の種類を知る

一口に保険といっても、様々な種類があります。ここでは代表的な生命保険、損害保険、医療保険のそれぞれの違いを見ていきましょう。
生命保険
数ある保険の中でも、人の生命に対して掛けるのが生命保険と呼ばれているものです。
被保険者が死亡、あるいは高度障害状態になったときに給付金が支払われるものです。
働き盛りである一家の世帯主が、残された家族のために万が一の際に加入することが多いです。
掛け捨て型と貯蓄型、定期型と終身型などがあり、自分や家族のライフスタイルに合わせて選択できます。
損害保険
偶然の事故や火災などから発生するリスクに備えて、自動車や家、貴重品など、「物」に対して掛けるのが損害保険です。
自動車の自賠責保険のように、加入が義務付けられている保険もあります。
地震による損害を補償する地震保険は現在、火災保険とのセットでなければ加入できません。
また、火災保険単独では、地震や噴火、津波による火災に対する保障はされません。
医療保険
生命保険が第一分野の保険、損害保険が第二分野の保険と呼ばれるのに対し、そのどちらにも属さない、あるいはその両方の性質を持つ中間的な位置づけの保険が「第三分野の保険」と呼ばれるものです。
その代表的なものが医療保険です。
高齢化が進む現在、死亡後の補償よりも生存中の医療保障を求める声が高く、低迷する保険業界で医療保険への加入者は唯一増加しています。