特約の見直し

特約とは主契約に付帯させることができる保険のことで、単独で契約するよりも安く加入できるのがメリットです。生命保険の中でも見直しやすい部分です。
特約とは何か?
生命保険をはじめ、多くの保険商品は「主契約」と「特約」と呼ばれる二つの要素から成り立っています。
主契約をしてくれた契約者に対し、割安な価格で保険を提供するものですが、特約だからといって単体契約より補償内容が劣るということはありません。
しかし契約には様々な制限があります。
一例として主契約のみでの契約は可能ですが、特約のみでの契約、更新はできません。
特約の見直しの必要性
生命保険を見直す際は、主契約と同様、特約部分も不必要な契約をしていないかを再確認する必要があります。
というのは、保険のセールスマンに勧められるまま、契約書面によく目を通さないまま、あらかじめ特約がセットになった生命保険の商品に加入している可能性があるためです。
保険商品のわかりにくさに対する不信感と経済情勢の悪化からか、現在はシンプルなプランに人気が集中しています。
見直しが比較的簡単な特約
特約には疾病関連や傷害関連など多くの種類が用意されていますが、その中でも初心者でも比較的見直しが簡単なのが、災害に関する特約です。
年齢や性別、健康状態に関わらず、地震や不慮の事故に見舞われるリスクは誰でも一定であると考えられるため、診査や告知が必要ないためです。
最も見直しが難しいのは、診査、告知がないと増額、付加ができない疾病関連の特約でしょう。